Kです。
CM150728-110600001.jpg
地元でおなじみの、二色の浜にある「がちんこラーメン道 柊」に行ってきました。
CM150728-110744001.jpg
こってりらーめんセット860円を、本日のセットメニューの台湾まぜ飯で注文。
CM150728-111012002.jpg
台湾ミンチのピリ辛味に玉子、ネギがマッチして美味しいです。
CM150728-111019003.jpg
豚骨ベースのこってりスープは少し甘みを感じます。中細ストレート麺も少し固ゆでされていて良い感じです。大きめのチャーシューもやわらかく、ネギのシャキシャキした食感がアクセントになっています。安定したおいしさに大満足でした。




関連ランキング:ラーメン | 二色浜駅


大阪府貝塚市 | コメント(2) | トラックバック(0)

麵屋 上々 泉佐野市

2015/07/27 Mon 22:22

Kです。
CM150727-202250001.jpg
南海泉佐野駅ロータリー側の商店街にある、麺屋 上々に行ってきました。以前、佐野っ子さんにコメントをいただいていたので、気になっていました。

清潔感のある店内は、カウンター席とテーブル席があります。
CM150727-202712001.jpg
大阪府内唯一のブランド豚である、犬鳴ポークを使用したスープに期待が高まります。
CM150727-202623001.jpg
基本の、上々ラーメン(あっさり系)750円+とろり味玉子100円を注文。
CM150727-203156001.jpg
あっさりとした塩系のスープですが、しっかりと動物系の旨みが出ています。中細ストレート麺との相性もいい感じです。チャーシューもやわらかくてオイシイです。パプリカもアクセントとなって良いですね。
CM150727-202806001.jpg
天かすに唐辛子を加えた「辛玉」を入れると味の変化が楽しめます。
1437998798772.jpg
こちらは背脂こってり系の、上々白麺(背脂塩系)780円+とろり味玉子100円+大盛(2玉)150円。こってりの中にも上品さが出ていて、これまた美味しいです。どちらも飲んだ後の〆にもってこいの一杯でした。




関連ランキング:ラーメン | 泉佐野駅


大阪府泉佐野市 | コメント(2) | トラックバック(0)
 マーサです。
IMG_2587.jpg
 北京空港内の坤丝咖啡に入りました。
IMG_2577.jpg
 五彩素面 Vegetable Noodle Soup を注文しました。
IMG_2582.jpg
 透明なスープはとてもシンプルで、独特な油がアクセントになっています。
IMG_2585.jpg
 具はブロッコリーのみ。細麺もあっさりしていて、飲んだ後の〆に使えそうなラーメンでした。
海外 | コメント(2) | トラックバック(0)
Kです。
CM150721-134841001.jpg
先週、2㎏以上体重が増えたので連食は控えようと思ったのですが、懲りずに行ってしまいました^_^;
こちらは、車庫前系で有名な丸高の六十谷店になります。
CM150721-135047001.jpg
壁のメニューには定番の早ずしの他に、おでんの文字もあります。
CM150721-135329001.jpg
中華そば 600円を注文。
PSX_20150721_144911.jpg
まったりとしたスープは濃厚で、しっかりと煮込んだ豚骨と濃い目の醤油がうまく絡み合っています。中細ストレート麺もこのスープをよく持ち上げてくれます。ハシゴして大正解でしたヽ(^。^)ノ




関連ランキング:ラーメン | 六十谷駅


和歌山県和歌山市 | コメント(2) | トラックバック(0)
Kです。
PSX_20150721_144553.jpg
地下鉄四つ橋線、四ツ橋駅近くにある、ラーメンZikon而今に行ってきました。あの有名店「麺や而今」の3号店で、今年6月にオープンの新店です。

店内入ってすぐ横にある最新のタッチパネル式券売機で、味玉天然塩の極上あさりそば 850円を購入して、カウンター席へ。

PSX_20150721_145449.jpgPSX_20150721_145422.jpg
主なメニューは、塩・醤油・味噌・カレー。それぞれオイシそうで迷います。

しばらくしてラーメンが到着。
CM150721-113524002.jpg
クリーミーなスープは豚骨と鶏の旨みがすごく出ていて、塩は裏方で全体をまとめているといった感じです。少し硬めの細ストレート麺も、よくこのスープを持ち上げてくれます。チャーシュー・味玉、ともに美味しくて、有名店の名に恥じない素晴らしい一杯でした。





関連ランキング:ラーメン | 四ツ橋駅西大橋駅心斎橋駅


大阪市西区 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »